名古屋の分譲住宅に見られる傾向

名古屋の分譲住宅は、宅地開発を伴うものが多く見られます。いわゆる新興住宅地と呼ばれるものですが、生活環境と合わせて開発されるので住みやすさも提供されます。綺麗に整備された道路や公園、商業施設なども建設されることで、居住性の高さを確保できるわけです。また大量生産というスタイルで建設することで、一戸建てを安く購入できるのが大きな特徴となります。あらゆる世帯に対して住みやすさを提供できるように、間取りにも工夫が見られます。さらに住宅の基本性能も高く、耐震性や断熱性が高められています。耐久性も高いことで、長く快適に過ごせるというわけです。さらにこのような基本性能の高さによって、エネルギー効率を高めているのも特徴となります。光熱費を抑えた生活ができるというわけです。

基本性能が高い施工ができる理由

名古屋の分譲住宅は、基本性能が高い傾向があります。これは耐震性や断熱性を高めるための効率の良い設計ができるようになったことが理由です。まず耐震性は施工をユニット式にすることで高めています。従来の柱や梁を使った施工とは異なり、壁そのものを構造体とすることで、地震の揺れに強い構造とすることができるわけです。さらに柱を使わないことで室内を広く確保できるようになります。そのためにワンフロアを丸ごとリビングにするといった解放感のある間取り設計が可能となっています。また収納も自由に配置できるので、動線も的確に確保した住み心地を提供しています。さらに断熱性を高めることによって、建物の耐久性も飛躍的に高めています。この断熱性の高さは光熱費の削減にもつながっています。

断熱性の高い住まいが増えている理由

名古屋の分譲住宅は断熱性にこだわる傾向が見られます。この性能のおかげで、様々なメリットが得られます。まず外気の影響を受けにくくすることで、エアコンの効きが良くなります。つまり冷暖房の熱効率が高まり、光熱費を削減できるというわけです。さらに結露が発生しにくくなることで、カビの発生を防ぐことにもなります。その結果、住む人の健康にも配慮されますし、建物の躯体にも良い影響が生れます。実は外気の影響を受けることで、躯体にも結露が発生します。その結果躯体の劣化が進み、建物が傷みやすくなるのです。けれども断熱性を高めることで、躯体も劣化しにくくなることで耐久性が高まるというわけです。その結果、メンテナンスにもそれほどお金をかけずに長く快適に住めるようになります。