おすすめの名古屋の分譲住宅の特徴

名古屋の分譲住宅には、いくつかの特徴があります。供給される住宅は、多くが高品質のものです。建築基準法に定められた最低限度の基準だけを満たしている物件は珍しく、さらに上の品質を追求する住宅が目立ちます。主な特徴としては、長期優良住宅の基準を満たしている住宅や、住宅性能表示制度の等級を取得している住宅が目立ちます。さらに、デザイン性に優れたデザイナーズ住宅や、輸入住宅なども見られます。分譲を供給する会社としては、大手住宅メーカーの他に、地元の不動産会社が見られます。地元の不動産会社が提供する住宅の特徴としては、間取りに特徴を持たせていることが挙げられます。一頃のような一律の間取りは見られず、家族の要求に合わせた間取りの組み合わせを自由に選ぶことができるのが特徴です。

性能を見極めるための第三者の評価基準

名古屋に建つ全ての分譲住宅は、建築基準法に定められた最低限度の基準を満たしています。建ぺい率や容積率、高さの制限や外壁後退距離などの、法律で定められた基準は当然のことながら満たしています。さらに分譲では、建築基準法の耐震基準を超える第三者の評価基準を満たしているものが見られます。長期優良住宅は、耐震性、省エネ性、可変性、維持管理のしやすさ、バリアフリー性、耐久性などの項目において、優れた性能があることを第三者の機関が証明してくれるものです。さらに、耐震性においては、住宅性能表示制度の耐震等級3を取得しているものも目立っています。耐震等級3は、建築基準法で想定する地震の1.5倍の大きさの地震にも耐える強度を持つことを証明するものです。耐震等級3の住宅は、大きな地震が起きても、倒壊することはありません。

供給者に見られる消費者の目線にたった住宅の供給

名古屋の分譲住宅では、消費者の目線にたった住宅の供給が見られます。従来の住宅供給は、供給者の側にたったものでした。安く大量に生産できる、2×4工法や、軽量鉄骨プレハブ工法が見られましたが、現在の主流は木造軸組み工法です。木造軸組み工法以外の工法が、消費者の目から見て評価されないことを、分譲の供給者は敏感に感じ取っています。耐震性や省エネ性は標準以上のものを用意し、間取りや仕上げの材料など、消費者によって異なるのが当然の項目に関しても選択肢を容易にしています。分譲の供給者の視点は、大手住宅メーカーの住宅に対する視点を超えています。だれにでもマッチする正解のようなものは無く、それぞれの消費者が、自分の決めた優先順位により住宅を選べることができる時代となりました。