名古屋で分譲住宅を購入する時の注意点

名古屋で分譲住宅を購入する際には、注意したいポイントがいくつかあります。まず都市部に近いほど土地の狭さが目立つようになるので、その有効利用がデメリットになっていないかを確認することが必要です。隣の家との敷地に壁を作らないケースも多く、防犯上ではプラスになりますが、プライベートが保ちにくいデメリットがあります。また車社会である名古屋では駐車場を備えた物件がほとんどですが、そのスペースにも注意が必要です。コンクリートで固められた駐車場はヒートアイランド現象につながるので、夏場はかなり暑くなります。これが全ての物件に採用されているとなれば、住宅地全体が熱気に包まれるわけです。できれば芝で覆われた駐車場であることがベストと言えます。その他にも建物の設計にも注意点があります。

間取りは将来の生活スタイルを反映させたものを選ぶ

分譲住宅は間取りが決まっていますが、多くの場合でリフォームによる変更はできない構造となっています。壁そのものが構造体となるために、地震の揺れには強いのが特徴です。けれども建物を支える壁を取り払うことができないので、購入した時点での間取りで住み続けることになります。そのために将来の家族構成なども考慮して間取りを選ぶことが必要です。さらに生活動線が確保されているかどうか、収納は十分に確保されているかも確認が必要となります。さらに販売は地主か建設会社であるかによっても、その性能は違います。建設会社が販売する住宅は建物の性能が極めて高いものです。けれども地主が販売する物件は、利便性の高い土地を取得できるという利点があります。そのどちらを選ぶのかも考慮することが必要です。

住宅取得の目的を考えることが大切

名古屋では都市部のような利便性の高い立地での分譲住宅は少なくなっています。けれどもハウスメーカーのような販売会社であれば、ある程度の土地を取得して分譲することができます。この場合、高品質な建物を建てて分譲するので価格は高めになります。つまり地価の高い都市部で高性能な家を高額で販売するというわけです。利便性の高いエリアで購入するのであれば、このような事情を知っておく必要があります。逆に地方都市であれば、地元で土地を保有する不動産会社が宅地開発と共に住宅分譲を行います。建物にはあまりコストをかけないので、耐久性には若干の課題は残ります。けれども生活環境を丸ごと開発するので、非常に住みやすい環境を手に入れることができます。駅から多少遠いとしても、そこで生活に必要nことはほとんど賄えるというわけです。

2015年7月北陸エリア初の金沢支店オープン。 サンヨーデザインギャラリー・事務所ショールムームならびに住宅展示場は9:30~18:30まで。 サンなごスタジオは年中無休です。 注文住宅供給棟数愛知県№1。今すぐ検索を! お友だちと一緒に入会するとQUOカードプレゼント。 土地・建物・造成・地盤改良・設計・消費税など含んだセット価格にてわかりやすい料金提案をしております。 名古屋の分譲住宅ならこちらがおすすめ